会場

主催者としての発想

良い時間だと思わせる

結婚式場を選ぶときには結婚式で何をしたいのかを考えることが重要なのはもちろんですが、ゲストにとって良い時間だと思わせることがもっと重要です。
自分たちの晴れ舞台のために、ゲストは時間とご祝儀を割いて祝福しにやってきてくれます。ですから、なるべくゲストの満足度が高くなるような結婚式にすることが欠かせません。
そして、その満足度を左右するのは、結婚式場で受けたもてなしです。
結婚式場を選択するときは、どうしても結婚式の中で何をしたいのか、何を優先したいのかで選択肢が変化してきます。
その変化した選択肢の中でも、ゲストをどのようにしてもてなすかで結婚式場を選ぶことが大切です。
時間とお金という大きな財産を自分のために割いてくれるわけですから、その重みを受け止めてきちんと恩返しできる時間にするための場所選びが必要です。

もてなし方の方向性

結婚式場を選ぶ段階では、ある程度結婚式の方向性が決まっていて、この式場ならやりたいことができると判断できていることが大切です。
そして、その上で結婚式場を選ぶ決め手となるのが、ゲストに対するもてなし方の方向性です。
遠方の親族や知人を呼ぶことが多くなりそうなら、宿泊施設がしっかりしているところや、アクセス至便なところ、また、観光名所としての意味を感じて帰ってもらうことができるところを選ぶ考え方ができます。
さらに、年配者が出席者の割合で多くなりそうな場合は式場のもてなしについても厳しい目線で判断することが大切です。
反対に、近い年齢の友人が参加者の主体になる場合は肩肘張らなくて良い気軽な空気感で楽しめる場所を選ぶことも検討できます。
加えて、参加者にとっては楽しみの大きな要素を占める食事にはできれば手を抜きたくないと考えるなら、レストランウェディングを始めとした食事に定評がある場所を検討することもできます。
最終的には自分たちなりにチェックポイントを羅列して、それぞれの条件をどのぐらい満たしているか実際に足を運んで採点することで、ゲストをもてなせる場所を決めることができます。
ただし、そのためにはどのようにしてもてなすのか、もてなし方の方向性が決まっていないと結婚式場は決められません。