会場

お金に対する考え方

他人のお金は考えない

結婚式場を選ぶときに必ず壁として迫ってくるのが、結婚式の費用です。そして、その費用を考えるときには高額な予算が負担になると感じることは少なくありません。
だからといって、ご祝儀や親族からの援助をはじめから当てにして費用を計算することは絶対に行ってはいけません。ご祝儀をもらえるからこれだけのことができるというわけではなく、自分たちの払える範囲に身をわきまえて式を行うことが大切です。
そもそも、結婚式を身の丈に合わない盛大さで行っても、どこかで無理をしていることや何かしらの矛盾が外面に見えてしまい、ゲストに違和感を与えることが懸念されます。
どうしてもやりたかったことがあって、そのポイントにお金をかけて他で絞っているということならまだしも、なんでもかんでもお金がかかっているとわかるような設計は避けたいところです。
結婚式場によってはローンを組むことを提案してくれることもありますが、それも結局は他人のお金です。他人からお金を借りるということは結局返済をしないといけないため、無計画に借りることは避けたいところです。
自分たちでここまでは資金を捻出できるけれど、あとちょっとだけ足りない、それを何とかするための方法がブライダルローンです。
まして、ご祝儀を最初からあてにして結婚式場選びやプランの設計をしてしまっては、参列者の変動を始めとするイレギュラー要素で破綻することが目に見えています。
結婚式場選びや式次第のプランニングは、あくまでも身の丈にあった、無理をしない範囲内での設計が大切です。
結婚式場に払うお金は自分たちで何とかして、ご祝儀などは今後の生活資金に充てるためのお祝い金だと考えるのが健全です。